ラブリーレッグ エピWケアがおすすめな理由

短時間で脱毛できる「ラブリーレッグ エピWケア」。
何故ラブリーレッグがおすすめなのでしょうか?

 

その理由を探ってみます。

 


 

除毛クリーム・ラブリーレッグ エピWケアがおすすめな理由を知る前に、まずは他の脱毛方法のメリットやデメリットを知っておきましょう。

 

剃刀による脱毛

恐らく最も手軽で低コストな方法がカミソリによる脱毛です。
しかし、同時にカミソリ負けという結構面倒なことになる可能性を持っています。

 

カミソリ負けは、体毛と一緒に皮膚を必要以上に剃り落としてしまうことで発生します。
肌が赤くなってひりひりしたりするのですが、もっと怖いのはこれに起因する色素沈着です。

 


 

カミソリによる脱毛の一番のリスクは色素沈着です。
肌が剃刀などで強い刺激を受けたさい、身体は皮膚を守るためにメラノサイトが働きます。
メラノサイトはメラニンを生成するのですが、何らかの原因で肌のターンオーバーが正常に働かなかった場合、代謝しきれずに色素沈着となってしまいます。

 

この色素沈着は身体のターンオーバーを促すことで回復可能ですが、短時間で解決できるものではありません
回復までに長い時間がかかってしまい、せっかく脱毛しても見せるに見せられないということになってしまいかねません。

 

また、どんなに頑張っても皮膚より深い部分は脱毛できないので、次の脱毛までのサイクルが短くなるという欠点もあります。

 

 

毛抜きによる脱毛

こちらも低コストでできる脱毛の代表格です。
ただ、ムダ毛を1本ずつ抜かなければいけないので時間と根気がかかります。
また、当然ながら結構な痛みを伴います

 

毛根から抜くので次に脱毛が必要になるまでのサイクルが長くなるというメリットがあります。
しかし同時に「埋もれ毛」になりやすいという問題があります。

 

埋もれ毛は名前の通り、本来皮膚の外にのびるはずの体毛が、皮膚の下で伸びてしまうことです。
害はありませんし、そのうち解消されますが、肌に黒い粒として見えてしまい見た目が良くありません

 

また、皮膚の下で起きていることなので対応しようがないのも問題です。

 


 

毛抜きによる脱毛で一番怖いのは埋もれ毛と言ってしまってもいいかもしれません。
分かっていても対処しようがないという歯がゆい状況になってしまいかねませんので、毛抜きの脱毛はあまりお勧めできません。

 

 

脱毛エステ

お店によってばらつきはありますが、さすがプロと言えるほどきれいに脱毛できます。
もちろん永久脱毛も可能です
お店によっていろいろ異なるので詳細は省きますが、高い費用と通う時間が確保できるかどうかが問題です。

 

 

ラブリーレッグ エピWケアによる脱毛

脱毛エステに行く時間はないけど綺麗に脱毛したい!という方におすすめなのが除毛クリーム・ラブリーレッグ エピWケアです。
剃刀での脱毛のようにカミソリ負けして色素沈着といったデメリットはありませんし、もちろん痛くありません。
さすがに永久脱毛はできませんが、成分が毛根に作用して次に脱毛が必要になるまでのサイクルが長くなるのも特徴です。
さらに、5〜10分で脱毛でき、他と比べて圧倒的に短時間ですむのも特徴です。

 

剃刀や毛抜き、脱毛エステの良いとこどりしたようなラブリーレッグ エピWケア(除毛クリーム)による脱毛ですが、もちろん万能ではありません。
有効成分チオグリコール酸カルシウムはアルカリ性の成分で、弱酸性の体毛を分解することによって脱毛します。
皮脂バリアがあるとはいえ同じ弱酸性である皮膚に全く影響なしというわけにはいきません。
(正しく使えばカミソリ負けのようなこともありませんが)

 

ラブリーレッグ エピWケアで脱毛した後は、しっかり保湿し、肌のバリアを回復してあげましょう。
もし、脱毛し忘れた個所があっても肌のバリアが回復するまで(2〜3日)は間をあける必要があります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ラブリーレッグ エピWケア(除毛クリーム)による脱毛は、お家でできる脱毛(カミソリや毛抜き)とプロによる脱毛(脱毛エステ)の良いとこどりをしたような性質があります。
脱毛後のケアが必要など万能ではないとはいえ、低コストで家ででき、しかも痛くないと嬉しいことづくめです。

 

ラブリーレッグ エピWケアの口コミでは「簡単、短時間でできる」とよく言われます。
他の脱毛方法で色々な問題にぶつかってしまった人も除毛クリームはいいという理由はここにあるのです。

 

オススメの脱毛方法
ラブリーレッグ エピWケアの詳細はこちら