ラブリーレッグ エピWケアが安全な理由

『ラブリーレッグ エピWケア』をはじめとする脱毛クリームは体毛を分解することで脱毛し、綺麗な肌にしてくれます
簡単かつ短時間で脱毛できるのは嬉しいですが、ラブリーレッグ エピWケアは安全なのという疑問もある人もいらっしゃるかと思います。

 

ここでは脱毛クリームの原理を知り、ラブリーレッグ エピWケアの安全性について確認していきましょう。

 

脱毛クリームの原理

除毛クリーム「ラブリーレッグ エピWケア」の有効成分はチオグリコール酸カルシウムといいます。
チオグリコール酸カルシウムとは聞きなれないかと思いますが、これはほとんどの除毛クリームに配合されている成分です。

 

このチオグリコール酸カルシウムはアルカリ性であるため、弱酸性の体毛と反応して、体毛を分解してくれます。
簡単に言うと、体毛を溶かすことによって脱毛しているのです。
このとき、肌への影響は肌バリア(皮脂と角質層)のおかげで、大きな影響はありません。

 

ラブリーレッグの安全性の詳細はこちら>>

 

使用時間や用法を守っていることが前提となりますが、成分という点ではラブリーレッグ エピWケアは安全ということができます。
では次に、美容効果点から安全性を見ていきましょう。

 

ラブリーレッグ エピWケアの美容効果

ラブリーレッグ エピWケアは美容効果の点でもカミソリや毛抜きによる脱毛より効果的で安全です。
ただ簡単かつ短時間で脱毛できるということ以上に、カミソリや毛抜きによる脱毛のデメリットを回避できるという点がおすすめする理由です。

 

カミソリや毛抜きによる脱毛は「埋没毛」のリスクが伴います。
埋没毛とは、本来皮膚の外に生えるべき体毛が皮膚の下で伸びてしまうことです。
健康に影響はないのですが、肌に黒いブツブツができているように見えてしまいます。
しかも、皮膚の下で起こっていることなので、対象のしようがないという怖い点もあります。

 

ここではまず、埋没毛が起きる過程を見ていきましょう。

 

 

通常の状態

言わゆるムダ毛がある状態です。

 

脱毛

カミソリや毛抜きによる脱毛を行った直後です。
カミソリによる脱毛では、皮膚の下にある体毛までは剃ることができない為、図2のようになります。

 

炎症

カミソリや切れてするごくなった毛先によって皮膚が刺激され、毛穴の部分に炎症が起こってしまいます。

 

かさぶた・癒着

炎症が起こった部分は身体の防御反応でかさぶたになったり、癒着してしまいます。
これにより一時的に毛穴が塞がってしまいます。

 

体毛の成長

毛穴が塞がっても体毛の成長が止まることはありません。
毛穴が塞がっているため、外に出られなくなった体毛は、伸びる方向を変えて皮膚の下で伸び始めます。

 

埋没毛

体毛は皮膚の下で成長を続け、埋没毛となってしまいます。

 

 

埋没毛は肌のターンオーバーに伴って解消されますが、長い時間がかかってしまいます。
埋没毛を回避するという意味でもカミソリによる脱毛はあまりお薦めできないのです。

 

これに対して、ラブリーレッグ エピWケアによる脱毛であれば、体毛を溶かすだけなので、鋭くとがった体毛で炎症を起こしたりしないのです。
長期な観点で美容・美肌を見たときにもラブリーレッグ エピWケアは安全安心といえます。