ラブリーレッグで脱毛した後のケア

ラブリーレッグでつるつるのお肌になった♪
でも、もうちょっと綺麗にしたいって欲がわきませんか?
だってせっかくきれいに脱毛したなら、もっときれいにして見せたいですよね。

 

脱毛後に安くできる肌ケアの方法をご紹介します。

 


ラブリーレッグで脱毛した後はヨーグルト!

せっかくきれいに脱毛できたら、次はお肌のケア
除毛クリームで負担をかけた肌をいたわりつつ、キレイを実現しましょう。

 

うってつけなのが「ヨーグルト」
実はヨーグルトにはフルーツ酸(AHA)が含まれていて、これはピーリングで使われるものなのです。

 

ピーリングってなに?

ピーリングは古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを正常化する角質ケアのことです。
ピーリングには

AHA(アルファヒドロキシ酸)

BHA(ベータヒドロキシ酸)

の2つがあります。
AHAは天然由来の成分でフルーツ酸(リンゴ酸、クエン酸、乳酸など)を原料とした肌への刺激が低いのが特徴です。

 

BHAは主にトリクロール酢酸などの化学物質を使ったもので、日本人の肌には刺激が強すぎると言われています。

 

ヨーグルトに含まれているフルーツ酸はAHA、つまり低刺激の成分です。
天然由来成分なので肌への影響は小さく、ラブリーレッグで除毛した後にぴったりなのです。

 

用意するもの

ヨーグルト(プレーン) 100g
砂糖 おおさじ1杯(10g)

 

ここで注意することとして、ヨーグルトはプレーン(フルーツや砂糖が入っていないもの)を選んでください。
添加物が入っていたりすると肌に余分な負担をかけてしまいます。

 

砂糖は保湿効果が高く、また、溶けきっていない状態で使うことでスクラブ効果も期待できます。

 


 

ヨーグルトによる角質ケアの方法はとても簡単です。

ヨーグルトに砂糖をまぜる

混ぜるといってもヨーグルトにさっと振りかける程度でOKです。
少しざらざらした状態の方が砂糖の結晶によるスクラブ効果が期待できます。

 

肌に塗る

ふくらはぎやかかとにヨーグルトを塗ってください。
目安としてはピンポン玉くらいの大きさを手に取って気になる部分にすり込んでいく感じです。

 

5分待つ

そのままの状態で5分置いた後、洗い流します。
かかとのように角質が多い部分は特に効果が時間できます。

 

保湿する

砂糖による保湿効果が期待できるとはいえ、ヨーグルトによるピーリングも肌の表面を洗い流すという点では除毛クリーム・ラブリーレッグと同じ。
洗い流した後は化粧水やオイルなどでしっかり保湿してあげてください。

 

ラブリーレッグによる除毛+ヨーグルトによるピーリングでキレイなお肌になれば自信もついて好きな服が着ることができます。
注意点としては、除毛とピーリングを同時にしないこと。
どちらも肌のバリア機能が一時的に低下するので、長い目で見ると別々の日に行った方がよいでしょう。

 


 

 

ラブリーレッグ エピWケアの詳細はこちら>>