痛くないムダ毛処理

ムダ毛処理って肌がピリピリするし、痛いし大嫌い!

 


 

永久脱毛しない限りずっと頭を悩ませることになるムダ毛処理。
でも、永久脱毛はちょっと怖いし・・・

 

なんて悩みはありませんか?
ムダ毛処理に頭を悩ます人におすすめしたいのが「ムダ毛を溶かす」方法です。

 

溶かすといっても身構えることはありません。
エステなどのムダ毛処理はたいていこの方法です。
それでもちょっと不安と言う方のためにまずは原理をご紹介します。

 

ムダ毛を溶かす成分は「チオグリコール酸カルシウム」と呼ばれます。
チオグリコール酸カルシウムはアルカリ性で、弱酸性の体毛に反応して、溶かして(分解して)くれるのです。
剃刀や毛抜きと違って肌に余計な負担をかけない分、後で肌がピリピリしたり、赤くなったりしないのが特徴です。

 

 

でも、肌も弱酸性だから溶けちゃうのでは?

 


 

たしかに肌も弱酸性なので、厳密にはチオグリコール酸カルシウムで溶けます。
しかし肌と体毛の違いは「肌バリア機能」の有無です。

人の肌には皮脂などによる天然のバリア機能があるので、チオグリコール酸カルシウムでも溶けないのです。
つまり、ムダ毛だけが都合よく溶けて脱毛できるというわけです。

 

とはいえ、肌バリア機能も万能ではないのでチオグリコール酸カルシウムをつけっぱなしだと肌に影響が出てしまいます
逆に言ってしまえば、ちょっとの間繰らないなら肌バリアの効果で、お肌への心配はする必要がありません。
ムダ毛処理が済んだらすぐに洗い流して、きちんと保湿すればOKです。

 

 

ちなみに、普段使っている石鹸もチオグリコール酸カルシウムと同じくアルカリ性です。
その意味では強力な石鹸と思ってもいいかもしれませんね。

 

 

チオグリコール酸カルシウムってどこで買うの?

ムダ毛処理にぴったりのチオグリコール酸カルシウム。
では、どこで手に入れるのでしょうか?

 

実はチオグリコール酸カルシウムは多くの脱毛クリームに有効成分として配合されています。
なので、脱毛クリームを使えばOKなんです。

 

ここで気を付けてい欲しいのが、脱毛した後のケアです。
チオグリコール酸カルシウムはほとんどの脱毛クリームに配合されており、その効果は保証済み。
だとしたら、お肌に差がつくのはその後のケアの部分です。

 

どうせなら、弱った肌バリア機能を補ってしっかり保湿してくれる脱毛クリームがいいですよね。
管理人のお薦めは「ラブリーレッグ エピWケア」です。
脱毛そのものよりもその後のケアに重点を置いたプロ仕様のクリームですので、安心して脱毛できます。
(もちろん用法はきちんと守ってくださいね)

 

短時間ででつるつるお肌♪

『今すぐ』つやつやお肌を手に入れたいあなたに

脱毛クリーム『ラブリーレッグ エピWケア』

【医薬部外品】除毛クリーム

★期間限定特別価格★

2980円(税抜)